電話が変わる

インターネットが今までの"やり方"を変えてしまうことがある。今、大きく変わろうとしているサービスに「電話」がある。"インターネット無料電話"という分野で、私たちの身近なものは、Skype(スカイプ)、LINE(ライン)がある。

 スマートフォンにSkypeやLINEのアプリをダウンロードして設定すれば、docomoやau、SoftBankなどキャリアの電話代を使わずに、無料で電話ができる。電話の他にもメールやテレビ電話もできるから活用しない手はない。ディバイスがインターネットに繋がることで、同じモノ(コト)でも今までと違った価値になる。無料だからお金を使いたくない学生たちはおのずとLINEを使うことになる。わが家の息子たちもそうである。これからLINEに慣れた人が社会人となる。会社のスムーズなコミュニケーションはどう進化するのか。
 電話代を払わずに電話ができる時代なのだから、わざわざdocomoやau、SoftBankにお金を払わない。そんなユーザーが増えればキャリア会社のビジネスモデルは変変わざるを得ない。きっと携帯電話も無くなるだろう。電子メールだってわからない。電子メールは、メールアドレスが長くて覚えられないし、迷惑メールが多く重要なメールを見落とすこともある。電子メールが最適とは今は言えない。私もお客さまとのやりとりはFacebookのメッセージを使っているケースが増えている。
 インターネット無料電話を利用するのに、電話番号も電子メールアドレスも要らない。SkypeやLINEのアカウントだけわかれば済んでしまう。これはちょっとした衝撃、革命といえるのではないか。
 名刺にだって電話番号や電子メールアドレスは不要。LINEのアカウントだけでよくなるのかもしれない。履歴書に固定電話の番号を記入する人も少なくなってきている。そこに来て電子メールも個人としては優先順位の低いコミュニケーション手段となって来ている。LINEのアカウントは個人情報なのだ。
 私がやんちゃなころは、電話番号を入手するのは困難極まりなかった。聞き出したときガッツポーズをしたほどだった。でもこれはほんの第一の関門で、入手した電話番号に電話をして本人が出るとは限らない。電話するのが怖い時代を過ごした。家の一番いい場所に電話があったから掛ける方も時間を見図り、掛けるときは左手で受話器を持って、右手は電話をすぐ切れるように白いところをすぐ押せるようにしながらダイアルをした覚えがある。今、人と人とをつないで来た電話が大きく変わろうとしている。
 無料のサービスを仕事に使っていいものかとも思うが、そうも言ってられない時代がすぐそこに来ていることは確かだ。SkypeとLINEのかっこいいアカウントを取ることからはじめよう!
(文責:中島正雄)
IMG_5620

Skypeで4者間でテレビ電話